ally kerr blog

グラスゴーのシンガーソングライター、Ally Kerrのブログです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
song of the day
LA Woman - The Doors
今日はこれからAberdeenまでライブをしに行くんだ。とても楽しみ。車で3時間くらいかかるから、車の中でなにを聞こうか考えてたんだけど、The DoorsのLA Womanがすぐに浮かんできたんだ。みんなどこかで一回はThe Doorsを聞いてると思うけど、デビューアルバムはほんとすばらしいと思う。よく聴いたよ。The Crystal Shipも好きだけど、ドライブならLA Womanだね。だから今日の一曲はそれかな。
日本に行くまであとこのライブとグラスゴーで一回ライブがあるだけだよ。ほんと待ちきれないね!フライト用にコンピレーションを作らなくちゃ。雲の上で音楽を聴くの好きなんだよね。じゃみんないい週末を!
続きを読む >>
| song of the day | 22:35 | comments(0) | trackbacks(0)
song of the day (present付き!)
今日はちょっと趣向を変えてコンペティション企画をしてみようかな?下にあるのは今日の一曲の最初の歌詞だよ。



OK, 誰かこの曲がなにか分かるかな?ちょっと面白くしたいから一部分はかくしておくね。一番早く分かった人には僕のElefant Recordsから出ていた限定でもう廃盤のMidst of the Storm, Without You and Another Winter's Day が収録されてる7インチMidst of the Storm EPをあげちゃう!(家にまだ何枚かあるんだよ!)分かった人はこのOffice-Glasgowのアドレスまで答えを送ってね!

2人以上正解だったらその様子の写真も一緒に取って僕のロシアンハットの中に名前を書いた紙を入れて一人を選ぶよ!答え待ってるよ。

ということでいきなりアリーからこんな企画が…答えは日本語で結構ですので上のOffice-Glasgowのアドレスまでお名前(PNでももちろんいいです)を添えて送ってください。厳正な抽選の上当選者の方にお知らせします。コメントに答えは書かないでね〜締め切りはう〜ん日曜までにします!
| song of the day | 23:01 | comments(0) | trackbacks(0)
song of the day
Hope There's Someone - Anthony and the Johnsons
今日の一曲はAnthony and the Johnsonsの曲でHope There's Someone。美しくて心に残る曲だよ。前にどこかでこの曲は聴いてたんだけど、でもちゃんと意識して聞いたのはこないだテレビの音楽番組に彼らが出てた時で、Anthonyは体を丸めてピアノに向かって、この曲を独自のそれでいて感動的な歌い方で歌ってたんだ。よかったよ。もっと彼らの曲を聴いてみたいね。

今日はバンドでのリハーサル。僕らは次の土曜日Aberdeenでライブをするんだ。で、その一週間後はクリスとともに日本に旅立つんだよ。もうそんなにすぐなんて信じられない!ほんと待ちきれないよ!
続きを読む >>
| song of the day | 00:11 | comments(2) | trackbacks(0)
song of the day
It's Summertime - The Flaming Lips
今日の一曲は"It's Summertime" by The Flaming Lips。彼らは大好き!Wayneの歌詞と音楽に対するmad scientistみたいなアプローチが特にね。こんな音楽に憧れるよ。ほんとに。アルバムが出た時はず〜っと聞いてたんだ。で、昨日の夜と今日もう一回久しぶりに聞いてみようと思って聞いたら、やっぱり感動するんだよね。人生の謳歌みたいな曲で、彼の歌詞はすごく人生を肯定してるよね。'Do You Realise?'の歌詞もとかにもすごくそれを感じるよ。この"It's Summertime"がどうしてできたかというのはオフィシャルサイトのこのページで詳しく見ることができるよ。

(このYoshimi Battles The Pink Robotsは彼らの友人だった日本人の方の死が製作のひとつのきっかけになっています。サイトの文章を簡単に訳すとこのIt's Summertimeはその亡くなられた友人の姉妹の方を勇気づけるために書いたとのことで、でも結局はWayne自信も勇気づけるような曲になったとのこと。)

ほかにもWayneの他の曲に対するコメントが書かれているけど、このアルバムを聞くたびにちょっと悲しい気持ちにはなるんだ。そして人生を見通したり、違う視点で見るようになったりするんだよね。
続きを読む >>
| song of the day | 00:41 | comments(2) | trackbacks(0)
song of the day
flowing - Teenage Fanclub

もちろん僕はTFCのすごいファンだよ。そして新作Man-Madeもすばらしいアルバムだと思う。彼らがおおきな会場でツアーをやるようになる前に、グラスゴーの小さなライブハウスで見たことがあって、それはもうすごく感動的だった。ソングライターとしてもすばらしいし、人としてもほんと素敵な人達だよね。これを読んでくれてる人のほとんどが彼らが日本に行くのを楽しみにしてるだろうね。あ〜もう一曲だけじゃなくてMan-Madeを今日のアルバムにしちゃおう!
続きを読む >>
| song of the day | 22:52 | comments(0) | trackbacks(0)
song of the day
everybody's talkin' - Harry Nilsson

今日の一曲はeverybody's talkin' by harry nilsson。この曲は映画midnight cowboyのサントラからで、曲自体すごくいいポップソングだよ。こういうなんていうか逃避とか、風に向かって歩いてゆくっていう感じの曲は好き。ロマンスがあるからね。僕はこういう曲からたくさんのインスピレーションを受けてると思うよ。歌詞は



"I'm going where the sun keeps shining
Thru' the pouring rain
Going where the weather suits my clothes
Backing off of the North East wind
Sailing on summer breeze
And skipping over the ocean like a stone"

シンプルだけどすばらしいよ。このmidnight cowboyとそのサントラは最近書いた曲'old friend'のインスピレーションの元になってるんだ。日本のライブに来てよ、その曲を演奏するからさ!
続きを読む >>
| song of the day | 22:29 | comments(0) | trackbacks(0)
song of the day
ここではsong of the dayとしてアリーが気に入ってる曲を投稿していきたいと思います。今彼がどんな音楽を聴いてるのかチェックしてみてください。(同じく英語版は記事の続きに入っています)

the loneliness of a middle distance runner - Belle and Sebastian

Belle and SebastianのすばらしいコンピレーションPush Barman To Open Old Woundsを最近はよく聞いてる。昔は彼らのEPを買うのがとても楽しみだったよ。ほんとすばらしい音楽だよね。こうして(EPを)ひとつのアルバムとしてまとめて聞くと、また改めて彼らの音楽がいかに美しくて特別かということを気づかされる。(そんな曲と一緒に)グラスゴーを(新しく買った)mp3プレイヤーを持って散歩するのはとても楽しいよ。そうそう新しいメガネも買ったんだけどなんか見づらくて(笑)気を付けないとだね。音楽をヘッドフォンで聴いて、よくみえないメガネで歩くとなんか繭の中にこもって歩いてるみたい。バスとかに引かれないといいんだけど…包帯でぐるぐる巻きにされて松葉杖で日本に行かなくちゃいけなくなったりしたら目も当てられないからね!

…アリー新しいメガネ買ってよ…(笑)
続きを読む >>
| song of the day | 01:21 | comments(2) | trackbacks(0)
▲このページの先頭へ

"Up Close - Ally Kerr Acoustic Duo Live In Japan 2009"
グラスゴーのシンガーソングライターAlly Kerr(アリー・カー)。アコースティック・デュオによる超限定再来日公演決定!

9月4日(金)神戸 Cabaret Voltaire? Der Kiten
9月5日(土)大阪 心斎橋club WONDER
9月6日(日)下北沢 Laguna

詳細&チケット予約はこちらまで!

待望のセカンド・アルバム『Off The Radar』絶賛発売中!

「アリーは、このセカンドでまたやってくれたね!すばらしいアルバムだよ」ノーマン・ブレイク(Teenage Fanclub)
「この新作は、僕らを、友達がそっと寄り添ってくれるような、心の内から温かくしてくれる素敵なアルバムだよ。」 ダグラス・T・スチュワート(BMX Bandits)
「アリーは、ロマンティックな人だよ。そしてなによりすばらしい曲を書くんだ」スティービー・ジャクソン(Belle & Sebastian


Off The Radar/ Ally Kerr
1) Could Have Been A Contender
2) Be The One
3) I Think I'm Bleeding
4) There's A World
5) The Toothbrush Song
6) Off The Radar
7) Old Friend
8) Is It Too Late To Work For NASA?
9) Mystery Star
10) Amorino
11) The Truth That I Have Earned
12) Footprints
13) Break Free*
(*Japan Only Bonus Track)

Star Sign Records/STSN-101


CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
RECOMMEND
OFF THE RADAR
OFF THE RADAR (JUGEMレビュー »)
アリー・カー
待望のセカンド・アルバム。日本先行発売、ボーナストラック付き!
RECOMMEND
Calling Out to You
Calling Out to You (JUGEMレビュー »)
Ally Kerr
デビューアルバムUK盤/ボーナストラック付き!
RECOMMEND
ヒット大全集
ヒット大全集 (JUGEMレビュー »)
ティーンエイジ・ファンクラブ
RECOMMEND
Best Sky
Best Sky (JUGEMレビュー »)
サニーデイ・サービス,曽我部恵一